幻想探求オスマン編その2

独り言
03 /10 2024
その1

ブログの枠組みの都合で画像が小さくて申し訳ない。
こう・・・ ぽちっとして頂くと原寸で見られる、はずです。

さて、

013124 幻想6_探し物は同じらしい

ミナの調査しているものの中に、こちらも用のあるものがあったようだ。
これは、ただ泳がせるだけでは済まなくなってきたか。



一応・・・・・・

ぼんやりと書くようにしているが、ネタバレが嫌な方は注意してくれ。






◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇







肝心のミナは、ひとりでセビリアに行ってしまったらしく、
手助けと監視を兼ねて迎えに行くことになった。

013124 幻想7_inセビリア

大物相手にもぐいぐい行く姿勢は素晴らしいが、調査は空振りか。

一旦チュニスに戻ると、ヤニス殿に 「コロン提督が何も知らぬはずはない」 と、
引き続きコロン提督を追うように命じられた。

このヤニス殿なのだが・・・・・・

013124 幻想8_脅しというか何というか

初対面の時から棘を感じるのだが、何か気に障ることをしたのだろうか (;`-ω-)
ともかく、イェニチェリの部隊長殿の命には逆らわぬほうが良さそうだ。

行き先はパルマとのことなので、早速向かうと、

013124 幻想9_inパルマ

やはり、全く知らないというわけではなかったか。

国が絡んでる以上、よく分からん小娘には教えられんよなぁ・・・
ただ、知らんぷりされたことに関してミナは、まるで気にしていないようだ。

013124 幻想10_だろうな



◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


ミナの調査報告によると、
七つの都市の島── アンティリアは、地図上ではアゾレスの西付近にあるとのこと。
なのでまずはアゾレスに向かうことになった。

ハイレディン殿も同行してくれるそうで、ミナがびびりちらしていたな。
(猫娘は歓喜しているが・・・)
おそらく、ヤニス殿に主導権を握られているのが面白くないのだろう。


さて、アゾレス沖でも特にそれらしいものは見つけられなかったのだが・・・・・・

020124 幻想11_もぐもぐしたかったなー

このイスパニア船も何か探しているようだった。

020124 幻想12_ほほう?

目的は同じ、というわけか。

このまましばらくイスパニア狩りでも構わなかったのだが、
どうも事は単純ではないらしい。


調査範囲を広げる必要性も出てきたので、情報収集のためにアレクサンドリアへ。

020124 幻想13_トラデスカント

(げ、トラデスカント・・・・・・)
彼によるとイングランド軍もアンティリアを探して動いているらしい。
ミナは、憧れの冒険家との対面に興奮気味で、どこまで聞いているのやら・・・・・・

楽しい冒険指南にも聞き耳を立てる輩も居るようだし、今は大きく動けんな。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


しばらく情報収集に徹していたのだが。

020224 幻想14_記録

「読み物として仕上げる気はないのか」
・・・ほう? もっと真面目に調査しろなどと言うかと思えば、これはこれは。
やるな、ミナ。

ミナの幼馴染のクラウスにも調査を手伝ってもらっているも、中々進展がなかったところ、
ひらりと落ちた端書きにミナの目の色が変わった。

020224 幻想15_悪魔の島

ふむ・・・・・・?


ハイレディン殿の 「誰に与するか」 の質問に答えられなくてな・・・ 猫娘は即答しそうだが。
 →その3へ続く

コメント

非公開コメント