幻想探求オスマン編その3

独り言
03 /13 2024
その1、→その2



ミナは地理学に明るくないようなので、有識者の意見を聞きに行くことにした。

020324 幻想16_inアムス

「なにもないところに伝説は生まれない」

その言葉の意味も、メルカトール邸の人の出入りがやけに多いのも、
なんでも前向きに捉えている小娘に不安を覚えてきたぞ・・・・・・






◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇







一度アゾレスに寄港し、そこから北西方面へ向かおう。

しかし、アゾレス沖には多くの軍船が停まっており、
問答無用でこちらに大砲を向けてきた。
なりふり構わなくなってきたなイスパニア・・・・・・

020324 幻想17_また駄目かぁ

ハイレディン殿、ご助力感謝いたします。
ここまでいらしたのは、また、ヤニス殿のご指示で?

020324 幻想18_海賊と犬

ふむ・・・。
あなたがそれに従うのは少々意外なのですが、何か他に・・・・・・
いえ、お忙しいところ失礼致しました。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


アゾレスで一泊し、改めてここから北西のテラ・ノヴァを目指すことに。

ハイレディン殿が同行してくれるのは大変心強いのだが、
これほど遠くまで連れ出してしまってよい人なのだろうか。
(自分で確かめたい派なんじゃにゃい?)
あぁ・・・、それは分からんでもないな。

さて、
テラ・ノヴァ付近にもそれらしい島は見つけられず。

そして追い付いてきたイスパニア。 それに噛みつくフランス。
仕方がないので片付けることに。

020324 幻想19_vsイスパニア

くっ・・・、コーヴァスを着けてくるべきだった。

フランス軍は、追撃していくらしい。
どうやらイスパニア以外の国の船も襲っているようだ。

「もう一戦行くぞ」

はい。 修理外科弁当はお任せください (´ー`)ゞ

020324 幻想20_vsフランス

(この海賊ムーブ・・・ さすがハイレディン様 (*´▽`*))
猫娘は静かにしていてくれ。

他国の船を逃がすため・・・ ではないだろうが、ほぼ逃がした中、
どさくさ紛れにイングランド船は拿捕してきたそうな。

020324 幻想21_inボストン

解放と引き換えに、
アンティリアには聖遺物があるらしい、との情報は得られたが、
伝説に詳しいミナが知らないというのが気にかかる。

ここではこれ以上の進展は見込めないので、チュニスへ戻ることに。

・・・ハイレディン殿は、何か見えたようですね。

020324 幻想22_黒幕は誰

選択肢で 「黒幕はあなたでは?」 とあるのだが、それは無いだろう。
この人はこんな回りくどいことはしないと思う。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


「ヤニスを追え」 と命ぜられた。
主にイスタンブールに居るというので向かったが、今は留守らしい。

020324 幻想23_お仕事再び

(わざと怪しませようとしてないか?)
お仕事はつつがなく終わり、ヤニス殿も帰ってきているという。

モスク辺りに居るだろうと言っていたが・・・・・・

020324 幻想24_聞いてしまった

・・・・・・。

どうする。
といっても、ずっとここに居るわけにもいかぬし、出るしかない、か・・・・・・

おそらく気付かれているだろう。


!!

020324 幻想25_危なかった

あ・・・っぶな・・・・・・
身構えていなければ刺されているところだった。

ヤニス殿曰く
「ヤツと私の契約は終了だ。 あとのことなど私は知らぬ。
 だが、このままではミナという女が、幻想を夢見たまま目覚めなくなるかもしれん」

教えていただきありがとうございます。 急ぎチュニスへ戻らねばな。

・・・む、袖が少し切れてる・・・・・・ 無傷とはいかなんだか。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


チュニスへ戻ると、ミナはクラウスと共にアレクサンドリアへ向かったという。
足の速い船を借りて行った・・・ 間に合うか?

アレクサンドリアにて、ミナに会うことは出来た、が

020524 幻想26_靄が晴れてきた

少々遅かった。 やはり自走してくるべきだったか。

ミナは黒服たちに連れていかれてしまった。
こちらは囲まれていて動けない。 一対多は、分が悪い・・・・・・

(この流れなら大丈夫だと思うにょ、たぶん)
だといいが・・・・・・


!!!


020524 幻想27_来てくれると思ってました

(にゃーーーーー o(≧▽≦)o)

020524 幻想28_恰好良すぎか

・・・・・・ありがとうございます。
怪我などはありません。 その・・・、少々うちの猫が騒がしかっただけです。
(あ、待っ、通信切らないd・・・)

やはり、探っておいででしたか。
知っててヤニス殿の元に私を向かわせたのですね。
いえ、文句というわけではなく・・・・・・

それにしても、クラウスの真意も行方も分からぬまま。
派手に動けば身を隠されかねないので、しばらくは個別に出方をうかがう、と。
仰せの通りに。


猫娘よ・・・ 出過ぎだぞ、自重せよ (にゃーん><)
 →その4へ続く

コメント

非公開コメント